top of page

最近の研究成果

2024年5月15日

【論文掲載】一度の激しい運動がその後の身体活動量と体温を下げ体重を増やしてしまう

2024年4月2日

【論文掲載】Eスポーツの長時間プレーに伴う自覚しにくい認知疲労を瞳孔収縮から検知

Takashi Matsui, Shion Takahashi, Genta Ochi, Seiji Yoshitake, Daisuke Funabashi, Hiroki Matsuoka, Junichi Kagesawa, Shohei Dobashi, Hisashi Yoshimoto, Yosuke Sakairi, Hideki Takagi (2024)

Cognitive decline with pupil constriction independent of subjective fatigue during prolonged esports across player expertise levels.

Computers in Human Behavior. https://doi.org/10.1016/j.chb.2024.108219


【プレスリリース】

筑波大学プレスリリース(日本語)

​筑波大学プレスリリース(英語)
​国際リリース(EurekAlert!)(2024.04.08)


【国内報道】
マイナビニュース TECH+(2024.0403)


【海外報道】

Medical X press (2024.04.08)

Health Medicine Network (2024.04.09)

PsyPost (2024.06.10)

Earth.com (2024.06.15)

List23 (2024.06.10)

2024年1月14日

【プレプリント】スタンディングはEスポーツパフォーマンスと実行機能を高めるが、長時間だと逆効果:前向きな座り方の提案

Takashi Matsui, Yuji Mine, Shion Takahashi, Daisuke Funabashi, Seiji Yoshitake, Hiroki Matsuoka, Takafumi Yamaguchi, Shohei Dobashi, Yosuke Sakairi, Hisashi Yoshimoto, Hideki Takagi, Mai Morita, Akiyoshi Shiodera, Ayumi Mineno, Haruyuki Asada (2024)
Standing Enhances Esports Performance and Executive Function for Short Durations, but Not for Long: Implications for Positive Sitting.
PsyArXiv. https://doi.org/10.31234/osf.io/xts5k

2023年11月14日

Takafumi Monma, Takashi Matsui, Shoya Koyama, Hiromasa Ueno, Junichi Kagesawa, Chisato Oba, Kentaro Nakamura, Hideki Takagi, Fumi Takeda (2023) 

Physical complaints and their relationships to esports activities among Japanese esports players: A cross-sectional study.

medRxiv. doi: https://doi.org/10.1101/2023.11.14.23298495

2023年10月25日

​【プレプリント】皮膚間質液中の乳酸動態は運動ラットの乳酸閾値を予測する

Shohei Dobashi, Daisuke Funabashi, Kazuki Sameshima, Noriko Tsuruoka, Takashi Matsui (2023) 

Lactate Dynamics in Skin Interstitial Fluid Predicts Lactate Threshold in Exercising Rats. bioRxiv. doi: https://doi.org/10.1101/2023.10.23.563585

2023年4月7日

Hassan Modar, Kennard Maxwell, Yoshitake Seiji, Ishac Karlos, Takahashi Shion, Kim SunKyoung, Matsui Takashi, Hirokawa Masakazu (2023)

Augmenting the Sense of Social Presence in Online Video Games Through the Sharing of Biosignals.  SSRN. doi: http://dx.doi.org/10.2139/ssrn.4409781

2024年4月23日

Shoichi Komine, Ikuru Miura, Teng Hu, Akihiro Ogata, Shinsuke Tamai, Katsuyuki Tokinoya, Takehito Sugasawa, Sechang Oh, Shota Wada, Kazuhiro Takekoshi, Go Ito, Tomonori Isobe, Takashi Matsui, Hajime Ohmori (2024)

Effect of Electroacupuncture on Delayed-Onset Muscle Soreness Induced by Eccentric Exercise in Young Untrained Men: Comparison of Contralateral and Ipsilateral Stimulation

kedRxiv. https://doi.org/10.1101/2024.04.16.24305776

2024年4月17日

Matsui T. (2024) 

Chapter 8. Physical and Physiological Implications of Esports

Critical Perspectives on Esports - 1st Edition - Annette R. Hofmann - (routledge.com)

Routledge

2022年

松井 崇.
アド・スタディーズ | Vol.80, pp20-26, 2022
ADST_vol80_20-26.pdf (yhmf.jp)

2022年11月10日

【特許出願】認知疲労検知方法、認知疲労検知装置、認知疲労検知システム及びプログラム

特願2022-178233
出願日:2022年11月10日
発明者:松井 崇, 吉武誠司, 髙橋史穏, 松岡弘樹
出願人:国立大学法人筑波大学

2023年10月20日

【特許出願】絆とチームワークの判定装置、選択装置、判定システム、判定方法、選択方法及びプログラム

特願2023-18109
出願日:2023年10月20日
発明者:松井 崇, ハサン モダル, マックスウェール ウェスト ケナード, 廣川 暢一, 土橋 祥平
出願人:国立大学法人筑波大学

2022年10月28日

【特許出願】仮想空間制御装置およびプログラム

特願2022-173185
出願日:2022年10月28日
発明者:廣川暢一, 松井 崇, ハサン モダル, マックスウェール ウェスト ケナード, 吉武誠司, 髙橋史穏, 松岡弘樹
出願人:国立大学法人筑波大学

研究業績: ニュース

主な論文

脳グリコーゲンが持久性能力を担うことを世界で初めて実証

Matsui T, Omuro H, Liu YF, Soya M, Shima T, McEwen BS, Soya H.

Astrocytic glycogen-derived lactate fuels the brain during exhaustive exercise to maintain endurance capacity.

Proc Natl Acad Sci U S A. 2017 Jun 13;114(24):6358-6363.

doi: 10.1073/pnas.1702739114. Epub 2017 May 17. PMID: 28515312; PMCID: PMC5474817.

柔道の足技打込稽古における至適ペースを生理学的に解明

増地 克之, 法兼 真, 小倉 大輝, 窪田 友樹, 松井 崇

大学男子柔道選手の体力向上に向けた足技かかり練習の至適ペース探索::代謝・内分泌指標による基礎的検討 

体育学研究 65, 793-804, 2020年

​疲労運動による脳グリコーゲン低下のメカニズムの一端を解明

Matsui T.

Exhaustive endurance exercise activates brain glycogen breakdown and lactate production more than insulin-induced hypoglycemia.

Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol. 2021 Apr 1;320(4):R500-R507.

doi: 10.1152/ajpregu.00119.2020. Epub 2021 Feb 3. PMID: 33533310.

研究業績: ニュース

主な著書

Critical Perspectives on Esports (ICSSPE Perspectives) (Ed. Annette R. Hofmann, Pascal Mamudou Camara)

Matsui T. Chapter 8. Physical and Physiological Implications of Esports

Routledge 2024年

実践柔道論(小俣幸嗣 編)
松井 崇 (担当:分担執筆, 範囲:パフォーマンスのスポーツ神経科学:柔道競技力における脳の役割を探る)
メディアパル社 2017年

運動と疲労の科学(八田秀雄 編著) 
征矢英昭, 越智元太, 松井 崇 (担当:分担執筆, 範囲:第9章 脳から考える運動の限界〜中枢性疲労の分類と要因〜)
大修館書店 2018年

スポーツ栄養学最新理論(寺田新 編著) 
松井 崇, 川中健太郎 (担当:分担執筆, 範囲:糖質摂取とパフォーマンス)
市村出版 2020年

研究業績: ニュース

主な研究費

脳疲労のグリアー神経連関機構を解明するスポーツ神経生物学 
国立研究開発法人 科学技術振興財団 創発的研究支援事業 2021年4月 - 2024年3月
松井 崇

進化運動生理学の創出:ロコモーションの収斂進化に基づくトレーニング・運動処方革新 
日本学術振興会 科学研究費助成事業 挑戦的研究(開拓) 2020年7月 - 2024年3月
松井 崇

持久性運動時の生体防御を担う中枢疲労形成の神経機構:脳グリコーゲン由来乳酸の役割 
日本学術振興会 科学研究費補助金 基盤研究(B) 2019年4月 - 2023年3月
松井 崇

トヨタ財団 2020年­度特定課題

eスポーツ科学の推進――スポーツ科学とICTの融合で生み出す次世代スポーツの社会実装に向けて 
トヨタ財団 2020年­度特定課題­「先端技術­と共創する­新たな人間­社会」 2021年4月 - 2023年3月

松井 崇

研究業績: ニュース
研究業績: ニュース
bottom of page